それぞれの活用方法|オリジナルの家を建てたいならビーバーハウスに依頼

オリジナルの家を建てたいならビーバーハウスに依頼

手の上の模型

それぞれの活用方法

部屋

リノベーションする

現在、人口が少ない地域では4軒に1軒が空き家と言われている。1番問題なのは空き家は人が住んでいなくても、管理しているだけでお金がかかることだ。崩壊するおそれもあり、危険性も非常に高い。また、ほかの地域の人に空き家を貸す移住体験施設にして管理してところもある。月に20000円から50000円、1日単位では1000円くらいの料金で貸してそれを支払いにあてている。体験施設にするときは、リノベーションするのが一般的である。室内が老朽化しているとたとえ短期間でも借りる人は嫌がるので、トイレやお風呂だけでも新しくするべきだ。木造建ての電気の老朽化は特に危険性が高く注意が必要で、メンテナンスをして漏電する可能性があれば、取り換えるようにする。

うまく活用する

空き家を管理するときは、お庭のお手入れを定期的におこなう必要がある。雑草が伸び放題になっているのも汚ならしくて良くないが、蜂の巣をつくられるのが最も問題だ。近隣の迷惑になるので、トラブルにならないためにも欠かすことはできない。空き家管理のひとつに、地域の人たちが集まるコミュニケーション施設を運営する方法がある。高齢者が集うエリアではお年寄りが寄り添って過ごせるように考えられていて、若いファミリーが集中しているエリアでは、子育てのコミュニケーションスペースとして使われている。また、空き家を借りるもしくは購入し、古い良さをいかしてモダンでオシャレなカフェやレストランをオープンさせる人も増えている。